洋ランの歴史

胡蝶蘭はラン科の植物で、東南アジアに分布しています。白い花が大変美しく、日本では観賞用やお祝いの品として送るなど広く用いられています。胡蝶蘭を含む洋ランの歴史はヨーロッパから始まります。ヨーロッパには世界各地から品物が輸入されており、園芸用のランもそのひとつでした。その花が開花すると、その美しさにランの栽培は盛んになりました。

最初は温室や栽培法が確立していなかったため、開花させるのは難しい作業でしたが、19世紀半ばには栽培方法が確立すると交配品種も誕生し、次々と新種開発が成功し洋ランの品種は増えました。しかし品種が増えすぎると管理が難しくなったため、洋ランのリストが作られ、今では十万を超える品種が記載されています。洋ランの中でも白い胡蝶蘭は大変貴重で、交配によって作り出すことが難しかったのですが、発見から100年ほどして交配に成功しました。

アメリカでは1836年にラン栽培が始まり、ハワイでは産業として定着するほどでした。日本にランが持ち込まれたのは明治時代の1889年でした。日本では元来、エビネやフウランなどが育てられており、これらは鉢植えやその全体の姿を楽しむものでした。これに対してフランスから持ちこまれたシンビジウムやオンシジウムは洋ランと呼ばれ、花の美しさを楽しむものとして広がりました。しかし、栽培には温室などの設備が必要であったため、華族や皇族など上流階級だけが楽しめるものでした。現在では品種改良を経て、日本でも多くの品種が生み出されています。

<関連サイト>
お祝いの品としての胡蝶蘭を専門販売している専門サイトです → 胡蝶蘭専門店

洋ランの一般化

ラン栽培を産業として始めたのはアメリカのカリフォルニアやハワイでした。その後シンガポールやタイへと広がり、日本では昭和30年代後半に始まりました。洋ランは栽培に特殊な技術や温室が必要であり、種子からの繁殖も株を増やすことも難しかったため、長い間高級な趣味とされてきました。洋ラ・・・

胡蝶蘭の魅力

洋ランの中でも特に人気が高いのは胡蝶蘭です。胡蝶蘭の学名は「ファレノプシス」いい、日本語に訳すと「蛾のような」という意味です。花びらが、蝶が舞っているように見えるためこのように名づけられたといわれています。胡蝶蘭が贈り物として喜ばれる理由は何輪もの花が一斉に咲くためです。色・・・

胡蝶蘭の贈り方

胡蝶蘭が贈り物として使われる場面は開店祝い、開業祝、移転祝い、還暦祝いなど様々です。胡蝶蘭は花の中でも最高級だと考えられているため、法人個人問わず贈り物として一番喜ばれる花です。通常、胡蝶蘭を贈る際はお祝い事の当日に届くように贈りますが、開店祝いや開業祝の場合・・・